和風の外壁への塗装 | 福山塗装工業

MENU

建物の塗装なら

repaint

ぬりかえについて

japanese style

和風板壁の外壁への塗装

板壁は経年劣化により、反り・ケバ立ち・腐食が起こります。もろくなった板壁は雨漏りや害虫の侵入を許してしまうため、そうなる前に保護してあげましょう。板壁表面の色つやがなくなってきたり、パリパリと乾燥しているようだと気付いたら塗り変えのサインです。目安としては5年ごとのメンテナンスが効果的です。まず、下処理として木材の汚れとケバ立ちを丁寧に研磨して取り除きます。細かな木くずなどをふき取り、取り除いたら木材用の保護剤を塗布していきます。木材に染み込ませるように塗ることで、保護効果を最大限に引き出します。その後、時間をあけてしっかり乾かし、上塗りを重ねると、ムラなくきれいに塗ることができ、きれいな発色が期待できます。

japanese style

福山塗装工業のこだわり

1.塗装前には必ず高圧洗浄などを行い、汚れやコケなどを取り除き表面をきれいにします。
2.仕上がりを最高のものにするため、下地調節を塗装前に必ず行います。
3.耐久性をよくするため、下塗りを必ず行います。
japanese style

板壁への塗装です。日本の戸建てには非常に多い素材です。劣化しやすいため、5年ごとの塗り替えをおすすめしています。

詳しくはこちら
mortar

モルタル製のものはひび割れを起こしやすいため弾性塗料を使用します。塗り変えの頻度は10年ごとを目安にしてください。

詳しくはこちら
siding

板ボードをつないでいるタイプの外壁への塗装です。ボードとボードの間の処理が要となります。塗り変えの目安は10年です。

詳しくはこちら

Contact

ご依頼やご相談などお気軽にお問い合わせください。

営業時間 月曜日~金曜日 9:00~17:00
〒835-0134 福岡県みやま市高田町飯江 277-1

0944-64-9922

メールでのお問い合わせ