MENU

建物の塗装なら

repaint

ぬりかえについて

siding

サイディングの外壁への塗装

サイディングには、窯業系・金属系・木質系・樹脂系などがありますが、主に塗り変えの必要があるのは窯業系です。この素材はセメントに繊維質などを混ぜて板状したもので、広く使われていて、防・耐火性能に優れているのが特徴です。ボード自体のひび割れもモルタルより少ないと言われていますが、ひび割れが起きている場合は補修を行います。ボードが白い粉を吹く白亜化と呼ばれる劣化現象が起きていると塗料が密着しないため、高圧洗浄できれいに洗い流してから作業に取りかかります。ボードとボードのつなぎ目である目地をシーリング(コーキング)するところまでが下処理です。塗料を濃厚に重ね塗りすることでツヤが生まれ、見栄えも良くなります。塗り変えの頻度は10年に一度です。

siding

福山塗装工業のこだわり

1.塗装前には必ず高圧洗浄などを行い、汚れやコケなどを取り除き表面をきれいにします。
2.仕上がりを最高のものにするため、下地調節を塗装前に必ず行います。
3.耐久性をよくするため、下塗りを必ず行います。
japanese style

板壁への塗装です。日本の戸建てには非常に多い素材です。劣化しやすいため、5年ごとの塗り替えをおすすめしています。

詳しくはこちら
mortar

モルタル製のものはひび割れを起こしやすいため弾性塗料を使用します。塗り変えの頻度は10年ごとを目安にしてください。

詳しくはこちら
siding

板ボードをつないでいるタイプの外壁への塗装です。ボードとボードの間の処理が要となります。塗り変えの目安は10年です。

詳しくはこちら

Contact

ご依頼やご相談などお気軽にお問い合わせください。

営業時間 月曜日~金曜日 9:00~17:00
〒835-0134 福岡県みやま市高田町飯江 277-1

0944-64-9922

メールでのお問い合わせ