MENU

建物の塗装なら

repaint

ぬりかえについて

mortar

モルタルの外壁への塗装

モルタルへの塗装は、下地の調整が仕上がりを左右します。まずは高圧洗浄でカビ、汚れ、粉浮きを洗い落とします。
モルタルはクラックと呼ばれるひび割れも特徴です。特にモルタルの水分が抜けていく過程でできてしまう乾燥クラックと、建物の動きによる構造クラックなどがあり、塗装の前にしっかりヒビを埋めておきます。下塗りに微弾性フィラーなどの伸縮性のある塗料を選定することで細かい下地のひび割れ程度だと埋めてしまえます。その後中塗り、上塗りを行い、ムラのない均一な外壁に仕上がります。
塗り替えは目安として10年くらいが好ましいとと考えられます。

mortar

福山塗装工業のこだわり

1.塗装前には必ず高圧洗浄などを行い、汚れやコケなどを取り除き表面をきれいにします。
2.仕上がりを最高のものにするため、下地調節を塗装前に必ず行います。
3.耐久性をよくするため、下塗りを必ず行います。
japanese style

板壁への塗装です。日本の戸建てには非常に多い素材です。劣化しやすいため、5年ごとの塗り替えをおすすめしています。

詳しくはこちら
mortar

モルタル製のものはひび割れを起こしやすいため弾性塗料を使用します。塗り変えの頻度は10年ごとを目安にしてください。

詳しくはこちら
siding

板ボードをつないでいるタイプの外壁への塗装です。ボードとボードの間の処理が要となります。塗り変えの目安は10年です。

詳しくはこちら

Contact

ご依頼やご相談などお気軽にお問い合わせください。

営業時間 月曜日~金曜日 9:00~17:00
〒835-0134 福岡県みやま市高田町飯江 277-1

0944-64-9922

メールでのお問い合わせ